社員研修はコミュニケーションの場でもある?!研修での貴重な出会いを楽しもう!

同じ部署同士で固まらないようにしよう

毎日、自分の所属する部署だけに目を向けていたのでは、あなたの視野は広がるわけがありません。では、一体どうすればよいのでしょうか?それは、社員研修を積極的に活用することです。異なる部署で仕事をしている社員たちとコミュニケーションをとることは、あなたにとって刺激になり、たくさんの情報を得ることができるでしょう。日頃の見慣れた部署の人たちとは違う価値観や意見に触れることのできる貴重な機会となります。そして、社員研修という学びの場で育まれた人間関係というのは、これからの社会人生活で、いつか強さを発揮するときが来るものです。社員研修での出会いを楽しむために、お互いに配慮し合って、よい人間関係を築いていきましょう。

他の受講者から認められるために

社員研修でよい人間関係を築くためには、まず「この研修は自分にとってどんな意味があるのだろう」「自分がこの研修を選んだ理由は何だろう」などの問いを自分の中ではっきりさせることです。講師の話を理解することに精一杯で、明確な答えを出せなければ、大まかなイメージだけでも構いません。大切なのは、「なりたい自分」を描くことです。研修のカリュキュラムに流されているだけだと、「受講したけど人脈が広がらなかった…」ということにもなりかねません。難しい内容の研修でも、「なりたい自分」に近づくためだと思えば、取り組み方も違ってきます。そういう姿勢が、他の受講者から自分を認めてもらうことにつながり、その結果、研修そのものを楽しめるのです。